10/01
2022
Sat
旧暦:9月6日 友引 丁 
スポーツ
2020年2月1日(土)8:55

師弟そろって日本代表に/世界ラート競技大会出場へ

赤坂さん、伊佐教諭(宮総実)が世界挑戦


全日本ラート大会で好成績を挙げた赤坂さん(左)と伊佐教諭=31日、宮古総合実業高

全日本ラート大会で好成績を挙げた赤坂さん(左)と伊佐教諭=31日、宮古総合実業高

 茨城県つくば市で1月25、26日に第25回全日本ラート競技選手権大会が開催された。宮古総合実業高校(平良淳校長)体操部の赤坂俊璃さん(2年)がジュニアの部(高校生以下)3種目で優勝し、同部顧問の伊佐義史教諭がシニアの部で総合2位という成績を収め、共に7月にアメリカで行われる第14回世界ラート競技選手権大会へ日本代表として出場することが決定した。全日本大会の結果報告会が31日、同校で行われ、赤坂さんと伊佐教諭が世界選手権大会へ向けて意気込みを語った。

 ラートとはドイツ発祥のスポーツで、2本の鉄の輪を平行につないだ器具を用いて、さまざまな体操を行う競技。

 赤坂さんは入学時の部活動紹介で伊佐教諭のラート競技を行う姿を見て興味を持ち、入部を決めた。今大会では直転、斜転、跳躍の3種目で優勝した。「全国大会は昨年に続いて2度目だったのでレベルは分かっていた。練習で力を付けていたので自信はあった。世界大会では、まだ通用しないのでレベルを上げて臨みたい」と抱負を話した。

 伊佐教諭は大学の体操部でラート競技を始め、競技歴は15年になる。これまでの最高位だった総合3位を上回り、最高成績を挙げた。「大会前は腰痛でほとんど練習できなかったが、これまでの経験が生きた。世界大会は3度目。頂点を目指したい」と意気込みを語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!