09/30
2022
Fri
旧暦:9月5日 先勝 丙 
社会・全般
2020年2月4日(火)8:54

【行雲流水】(人権を守る靴)

 宮里邦雄氏は、1958年宮古高校を卒業し、国費留学生として東京大学に進学、在学中に司法試験に合格、司法修習を経て、65年弁護士になった。そして、「社会の弱者に寄り添って活動する弁護士になりたい。働く者の人権を擁護する立場の弁護士になろう」と決意、その道をひたすら歩んできた。現在東京共同法律事務所所長として活躍、2003年から2012年まで日本労働弁護団会長を務めた

▼さまざまな弁護活動やアメリカ統治下で青春時代を過ごした歩みを通して氏が感じた平和や労働の課題について、全日本自治団体労働組合(組合員万人)の機関紙から寄稿を求められ、2019年2月から「ウチナーからヤマトへ-激動の時代を労働弁護士として生きる-」を連載している▼第1回「大阪で迎えた敗戦」、第2回「沖縄・宮古島へ引き揚げる」では、戦時体制や終戦直後の混乱期の様子が書かれている

▼沖縄については、学生時代に『沖縄評論』を創刊、沖縄の歴史研究と祖国復帰運動の理論化を行っている

▼第7回「二つの沖縄違憲訴訟」では、本土に渡航するパスポートの発給を琉球民政府長官により拒否された瀬長亀次郎を含む3人を原告とする国家賠償請求訴訟と、広島、長崎で被爆した沖縄に住む3人が治療のため支払った治療費の償還を求めた訴訟である

▼宮里氏はある小説の一節に出てくる「きっちり足に合った靴さえあれば、自分はどこまでも歩いていけるはずだ」を引用、「どうやら、労働弁護士という職業は私の足に合った靴だったようだ」と書いている。(空)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!