10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
産業・経済
2020年2月20日(木)8:59

キビ生産量、大幅減産/宮古地区19-20年産

27万2500㌧に下方修正/2期連続30万㌧割れへ


収穫作業も中盤に入ったサトウキビ。大きな減産が見込まれている=19日、市平良のほ場

収穫作業も中盤に入ったサトウキビ。大きな減産が見込まれている=19日、市平良のほ場

 宮古地区の製糖各社は19日までに、2019-20年産サトウキビの生産見込み量を下方修正した。地区全体の生産量は当初比で2万8000㌧余り少ない27万2561㌧に見直されている。2期連続で30万㌧を割り込むことはほぼ確実となった。

 製糖各社は当初、地区全体で前年並みの生産量を予想していた。だが、搬入される原料(サトウキビ)が総じて軽く、茎数が重量に反映されないという。

 搬入原料および残量調査の結果、沖縄製糖宮古工場は当初見込みより1万4600㌧少ない11万1600㌧に修正。宮古製糖城辺工場は同比5001㌧減の9万2504㌧に改めた。

 同伊良部工場は当初の5万2000㌧から4万8587㌧に、同多良間工場は当初2万4880㌧から1万9870㌧と2万㌧を下回る数字に修正された。

 沖縄製糖宮古工場の仲里典和工場次長は「サトウキビが軽い。汁が例年より搾れない」と嘆く。農務部は減産要因として台風の強風による葉の裂傷、回復期間の短さ、台風一過後の塩害などを挙げるが、「あくまで憶測に過ぎず、断定はできない」としている。

 一方、宮古製糖の安村勇社長は「台風の被害が考えられるが、単にそれだけかどうか。原因を究明しないといけない」と話し、当面の対応策として地力強化の必要性を強調した。

 減産の要因は製糖各社ほか関係機関で分析が進められているが、現状は「特定できていない」(製糖工場幹部)。昨年相次いだ台風の影響は認めながらも、被害状況と減産量が合致しないという見方がある。

 今回の下方修正によって地区全体の生産量は2期連続で30万㌧を割り込むことが確実となった。収量の面では厳しい生産実績になりそうだが、平均糖度は高い数字で推移しており、減産分をカバーする品質の一層の上昇が期待される。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!