10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
政治・行政
2020年3月5日(木)9:00

上限枠216億7000万円に達する/宮古島市

葬祭場など10事業に活用


合併特例の発行状況

合併特例の発行状況

 合併した市町村が財政上の優遇措置を受けられる合併特例債の発行限度額が、宮古島市は上限枠の216億7000万円に達していたことが4日、分かった。合併特例債は、市町村合併後の街づくりの計画を定めた「新市建設計画」に伴う大型プロジェクト事業に充てた。これまで、葬祭場建設など計10事業に活用した。同日行われた市議会3月定例会の予算決算委員会(上地廣敏委員長)で、真栄城徳彦氏の質問に宮国高宣総務部長が明らかにした。

 合併特例債は、事業費の95%に充当でき、その元利償還金の70%については後年度において普通交付税の基準財政需要額に算入される。

 市は合併2年後の2007年に、コールセンター(城辺庁舎2階)整備事業に活用。その後も財政運営の効率化を図ろうと、ごみ処理施設や小中学校の校舎改築、し尿処理施設、未来創造センターなどの事業に充ててきた。

 答弁で宮国総務部長は、新年度当初予算に盛り込んだ市総合庁舎整備事業債28億3000万円を示し「市の合併特例債の発行額は限度額になった」と説明した。

 合併特例債の発行期限は2025年まで再延長されたが、市は今後、特例債の優遇措置が受けられなくなる。

 これについて市財政課は「合併特例債は新市建設計画の中で計画された大型プロジェクトに活用してきた。市総合庁舎が最後となり、目的はほぼ達成できた」と話している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!