05/20
2022
Fri
旧暦:4月20日 大安 癸 
社会・全般
2020年3月8日(日)8:54

【ニュースウィークリー】3月1日~3月7日

448人が卒業、新型肺炎で縮小/宮古地区4高校

 令和初の県立高校卒業式が1日行われた。今年度の卒業生は宮古高校で250人、宮古総合実業高校136人、宮古工業高校47人、伊良部高校15人で計448人。教諭や保護者らの盛大な祝福を受けながら、3年間の学びやを後にした。新型コロナウイルス感染防止の観点から、時間を短縮するなど規模が縮小された。(3月2日掲載)

知念六段が5度目優勝/宮古本因坊戦

 第42期宮古本因坊戦(主催・宮古毎日新聞社、主管・日本棋院平良支部、協賛・こすみ囲碁教室)の決勝リーグが1日、同教室で行われ、知念一将六段(46)が優勝した。知念の優勝は38期以来4年ぶり、通算の優勝回数は5回目。真栄城佑次六段(27)との決勝戦は互いに力の限りを尽くした熱戦だった。昨年まで3連覇しシード権のある池間博美六段は都合により辞退した。(3月2日掲載)

トライ中止決定、新型肺炎影響で/史上初めて

 宮古島トライアスロン実行委員会は2日、JTAドーム宮古島で臨時総会を開き、第36回大会の中止を正式に決めた。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、史上初めて取りやめる決断を下した。参加料は全額返還する。第36回大会への出場が決まっていた参加年齢上限の65歳の31人については特例措置を講じ、次回大会に限って年齢上限枠を外した形で出場を認める。(3月3日掲載)

ミサイル発射台、宮古へ車両搬入/陸自西部方面隊

 宮古島への陸上自衛隊ミサイル部隊の配備に伴い3日早朝、上野千代田にある宮古島駐屯地に地対艦誘導弾部隊が使用する車両が搬入された。誘導弾発射台などを装備した車両も含まれているが、陸自西部方面隊では今回搬入された車両には誘導弾などは搭載されていないと説明し、「全ての車両の搬入が終えたわけではない。引き続き安全などに配慮し搬入を進めていきたい」と話した。(3月4日掲載)

「15の試練」に、398人が挑む/高校入試

 2020年度の県立高校入学者選抜学力検査(高校入試)が4日、宮古地区の3高校で始まり、計398人が挑んだった。新型コロナウイルスの全国的な感染拡大を受けてマスク姿の受験生が目立った。初日は、国語、理科、英語。2日目の5日は午前に社会、数学、午後から面接が行われる。(3月5日掲載)

県内観光客が152万人減/3~5月推計

 【那覇支社】沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は4日、新型肺炎の感染拡大により、県内観光は3~5月で入域者数が対前年比152万人減、県内消費額は同1024億円減少するとの推計を発表した。下地会長は「(厳しい)状況がずっと続くわけではない。回復期には県民が一丸となって元気な沖縄観光を取り戻す誘客施策を展開していこう」と述べている。(3月6日掲載)

子ども食堂に県が緊急支援/5万円上限

 【那覇支社】玉城デニー知事は6日、県庁で会見を開き、新型肺炎の感染予防などで休止措置を取っている「子どもの居場所」や「子ども食堂」に対し、弁当配達や食事を提供する場合は費用を緊急支援すると発表した。自治体や企業などで構成する「沖縄子どもの未来県民会議」の取り組みで、1カ所当たり5万円を上限に支援する。(3月7日掲載)

英検準1級合格、中1で大学水準/加賀谷さん

 県外私立中学校1年の加賀谷ななみさん=宮古島市平良出身=がこのほど、実用英語技能検定(英検)の準1級に合格した。大学中級レベルで合格率はわずか15%の難関検定。市内の英語教室によると、宮古地区の中学生による合格は過去に例がないという。(3月7日掲載)


カテゴリー一覧

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!