06/29
2022
Wed
旧暦:6月1日 赤口 癸 
産業・経済
2020年3月15日(日)9:00

前年度比べ大幅減へ/19年度入域観光客数

1、2月連続で下回る


クルーズ船の寄港キャンセルなどで入域観光客数が大幅減の見込み(資料写真)

クルーズ船の寄港キャンセルなどで入域観光客数が大幅減の見込み(資料写真)

 市観光商工部がこのほど発表した2019年度(昨年4月1日~今年3月31日)における2月の入域観光客数は空路のみの4万9191人となり、前年同月に比べ2万732人(29・65%)減少した。2カ月連続の減少。4月~2月までの11カ月間では計101万9086人となり2年連続100万人を突破したが、過去最高だった前年2月までの累計と比べると4万2535人減少した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月はさらに落ち込むとみられている。右肩上がりに伸びてきた入域観光客数が、前年度を下回るのは確実な情勢だ。

新型コロナ感染の影響拡大

 入域観光客数の内訳は空路客のみで、海路客はクルーズ船の寄港がなかったことから0人だった。

 増減の内訳は、空路は下地島空港の成田、香港直行便運航などにより、前年同月比で737人増加した。

 一方、海路は新型コロナウイルスの影響で昨年2月は9回あったクルーズ船の寄港数が今年は1回も寄港せず、前年同月比2万1469人減少した。

 下地島-香港便は運休中。全日本空輸(ANA)、日本トランスオーシャン航空(JTA)ともに、3月の那覇-宮古線をそれぞれ減便(運休)するなど新型コロナウイルスの影響が広がっている。

 市などが算出した経済への損失額はクルーズ船の寄港キャンセルなどで約21億円。市内の主要3ホテルでは宿泊キャンセルで2億円以上の損失となっている。

 13日の市議会3月定例会一般質問で市当局は、入域観光客数に関連する答弁で「全国的に観光自粛ムードが広がり、市内の宿泊施設、バス、タクシー、レンタカー事業者、飲食店、大型スーパー、観光施設など市の観光産業全体で影響が拡大している」と述べている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!