09/30
2022
Fri
旧暦:9月5日 先勝 丙 
社会・全般
2020年4月2日(木)8:56

電子版がスタート/宮古毎日新聞社

PC、スマホで閲覧可能


本紙の電子版がスタート。タブレットなど複数のデジタル端末で読むことができる=1日、宮古島市内

本紙の電子版がスタート。タブレットなど複数のデジタル端末で読むことができる=1日、宮古島市内

 宮古毎日新聞社(伊志嶺幹夫社長)は1日、電子版の配信を始めた。日々の紙面を電子新聞で読むことができる。パソコンやスマートフォン、タブレットでの閲覧が可能だ。同日から2週間は無料で試読できる。

 紙媒体の紙面そのままをフルカラーの電子版で配信する。本土や沖縄本島、多良間島に住む読者も時間差なく読める。配信時間は新聞発行日の午前5時。

 複数のデジタル端末が使えるため、いつでも、どこでも最新のニュースを読むことができる。閲覧したい記事の検索や文字の拡大・縮小などデジタルならではの機能も搭載している。

 電子版配信に当たり宮古毎日新聞社の平良幹雄編集部長は「台風時などの未配や遅配が解消できるほか本土や沖縄本島の郷友の皆さんに古里の話題をリアルタイムで提供できる。全ページフルカラーの紙面を楽しんでほしい」と話した。

 料金は電子版のみのシングルプランと、紙と電子版のダブルプランを用意。新規申し込みや、紙媒体から切り替えるシングルプランは月額1998円。すでに購読している紙に電子版を追加するダブルプランは購読料にプラス550円となる。企業・法人、公共団体はシングルプランのみ。

 電子版の詳細や申し込みは本社ホームページ(https://cnet01.sakura.ne.jp/miyakomainichi)から。詳しくは宮古毎日新聞社(電話0980・72・2343、平日午前9時から午後5時)まで。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!