10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
産業・経済
2020年4月19日(日)8:59

来店者、売上激減 閉店繰り上げ短縮営業/宮古空港売店

コロナ影響 臨時休業も視野


空港利用客の激減で多くの店舗が営業時間の短縮に踏み切った=18日、宮古空港2階

空港利用客の激減で多くの店舗が営業時間の短縮に踏み切った=18日、宮古空港2階

 宮古空港ターミナルの売店各社が苦境に立たされている。新型コロナウイルス感染拡大の影響で人の動きが鈍り、来店者が激減。売り上げが大幅に落ち込んでいる。現状を踏まえて多くの店舗が18日から営業時間の短縮に踏み切った。今週中にもビルを管理する宮古空港ターミナル社に掛け合い、臨時休業も視野に入れて対応を取る方針だ。

 18日午前の宮古空港。売店が軒を連ねる2階エリアを歩く人はまばらで、午後に入っても大きな変化は見られなかった。週末の空港とは思えない光景だ。

 人が減り始めたのは「3月の中ごろ」と従業員らは口をそろえる。日に日に少なくなり、4月になるとその傾向は一層強まった。

 こういった来店者の減少を受け、18日から複数の店が閉店時間を繰り上げ、通常の午後7時30分から午後5時に変更している。

 商品返品の手続きに追われていたある店舗の従業員は「こうなる前と比べるとお客さんの数は1割から2割だと思う。店を開けていて意味があるのかどうかも分からないほど」と嘆く。

 別の店舗の従業員は感染リスクに触れながら、「怖いけど、(店を開けて)営業をしないと売り上げを上げられない。私たちにも生活がありますから」と苦しい胸の内を話していた。

 あるオーナーは本紙の取材に「売り上げ減は、がた落ちという表現では言い表せないほどだ」と実態を明かし、「従業員の安全を考えると閉めたいが、その後どうなるかをいろいろ相談して固めたい」と話した。

 今後、ターミナル社にも掛け合いながら、経営、労務管理の両面において最善の策を講じる方針だ。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!