09/30
2022
Fri
旧暦:9月5日 先勝 丙 
社会・全般
2020年6月10日(水)8:59

12日までに8割に支給/1人10万円 2万3000世帯


申請書類をチェックする市職員ら=9日、対策給付支援室

申請書類をチェックする市職員ら=9日、対策給付支援室

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う国の特別定額給付金(国民1人当たり一律10万円)事業で、市の対策給付支援室は9日、作業の進捗(しんちょく)状況を発表した。12日までには2万2802世帯に支給する見込み。総額は46億5140万円に達し、対象世帯の8割が給付金を受け取ることになる。

 特別定額給付金は、国民1人当たり10万円を給付する新型コロナ関連の国の緊急経済対策で、各自治体が給付業務を担っている。

 宮古島市の対象世帯は約2万8000世帯。支援室によると、9日までに届いた申請書は約2万4000件で、対象世帯の9割弱が申請を済ませている。

 支援室は1日から給付金の支給を開始した。12日までに約2万3000世帯、総額約47億円を振り込む準備が整った。同事業の予算は55億6000万円のため、8割強が支給されることになる。

 支援室への問い合わせは依然多いという。申請から振り込みまでの目安は10日前後だが、支給日の確認を求める電話が多く寄せられている。

 また、申請書の不備が相次いでいるが、指定された電話に連絡しても出ない場合が多々あるという。電話連絡が取れない場合は郵送で告知する予定。

 支援室では「支給は12日には一山を越えると考えている。心配せずにもう少しだけお待ちいただきたい」としている。

 特別定額給付金の申請期限は8月22日(当日消印有効)まで。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!