10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
社会・全般
2020年6月23日(火)8:58

正しい知識で関心持って/ハンセン病普及啓発パネル展

平良庁舎で開催セレモニー


パネル展の開催セレモニーに参加した関係者ら=22日、市役所平良庁舎1階ロビー

パネル展の開催セレモニーに参加した関係者ら=22日、市役所平良庁舎1階ロビー

 ハンセン病に関する正しい知識の普及啓発を目的としたパネル展(主催・県宮古福祉事務所、共催・市)が22日、市役所平良庁舎1階ロビーで始まった。関係者が集い、開催セレモニーを行った。ハンセン病の特徴や歴史を資料や写真などで伝えている。会期は26日まで。

 県は毎年6月を「ハンセン病に関する正しい知識を普及する月間」としており、回復者らの福祉の増進、名誉回復などを目的とした活動を実施している。パネル展は23~28日の期間、市未来創造センターでも同時開催される。

 主催者を代表して野原勝所長は「誤った知識に基づく隔離政策などにより、偏見や差別を受けた回復者やその家族が大変つらい思いをされた。多くの市民が正しい知識を得て、この問題に関心を持つ契機になってほしい」と呼び掛けた。

 長濱政治副市長は「人類は多くの病気と戦ってきたが、一番熾烈(しれつ)を極めたのがハンセン病ではないか。偏見や差別のない社会を作ることが正しい道である」と語った。

 宮古退所者の会代表の知念正勝さんは「パネル展を開催することはありがたいが、正しい知識がどれだけ社会に浸透しているのか。新型コロナウイルスの発症者や家族が、差別や偏見を受けていることを聞くとハンセン病に状況が似ていると感じた」と述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!