10/01
2022
Sat
旧暦:9月6日 友引 丁 
社会・全般
2020年7月2日(木)9:00

西里通り、45.8%上昇/20年路線価

税務署別で県内トップ/コロナで状況不透明に


前年比45・8%上昇と高い伸び率を示した西里大通り

前年比45・8%上昇と高い伸び率を示した西里大通り

 【那覇支社】沖縄国税事務所は1日、相続税や贈与税の算定基準となる2020年分の県内路線価(1月1日現在)を発表した。宮古島税務署管内の最高値は「平良字西里の西里大通り」(中央通りとの交差点から北西向け区間)の1平方㍍当たり10万5000円で、前年から45・8%上昇した。県内各税務署管内での最高路線価では、同地点の伸び率が最も高かった。

 西里大通りが宮古税務署管内の最高路線価となるのは22年連続。宮古島署管内の路線価最高値が上昇するのは3年連続で、伸び率も前年の4・3%から大幅に拡大した。

 また、同日に公表された国税庁のホームページによると、市場通りは同9万8000円(同46・3%上昇)、下里通りは同9万1000円(同42・2%上昇)となった。

 宮古地区での地価上昇について、県不動産鑑定士協会の高平光一会長は「宮古はもともと潜在能力が高く、それが顕在化した。高額な取引は3年ほど前からあったが、昨年からは高値が定着した」と説明した。

 今後については、「(新型コロナの影響により)状況が不透明過ぎて、もう少し時間をかけないと判断しづらいが、観光客の影響が鍵ではないか。住宅地は変わらないと思うが、観光などで土地需要が上がった場所では変動があるのではないか」と分析した。

 県内での最高路線価は、19年連続で「那覇市久茂地3丁目 国際通り」となり、前年比40・8%上昇の同145万円となった。同地点の路線価が上昇するのは8年連続で、伸び率は昨年に続き全都道府県の県庁所在地で最も高かった。

 路線価は、相続税や贈与税の算定基準となるもので、毎年1月1日を評価時点に時価の80%程度をめどに算定される。

 新型コロナなどの影響により地価が大幅(約20%以上)下落し、路線価が時価を上回った場合については、同事務所の担当者は「納税者が(不動産鑑定士による評価額に基づくなどして)自ら時価を把握した上で申告できる」としている。

 また、「広範な地域で大幅な地価下落が確認された場合などには、納税者の申告の便宜を図る方法を幅広く検討する」としたほか、「今後、国交省の地価調査等から地価状況を把握することに加え、外部の専門家による地価調査を実施するなど、その動向を注視する」と述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!