10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
産業・経済
2020年7月14日(火)8:59

JTAが貨物臨時便運航/出荷最盛期のマンゴー輸送

宮古-那覇間


貨物臨時便にマンゴーが積み込まれた=13日、宮古空港

貨物臨時便にマンゴーが積み込まれた=13日、宮古空港

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は13日、出荷がピークを迎えているマンゴーなどを輸送する貨物臨時便を宮古-那覇間で1便運航した。この日は3・3トンのマンゴーと鮮魚など合わせて3・7トンを運んだ。JTA宮古支社の小堀健一支社長は「(新型コロナの影響で)減便が続く中、生産者は出荷を懸念していたと思うが、不安を払拭(ふっしょく)するよう、円滑な輸送に努めたい」と話した。同社は15日にも同様な貨物臨時便の運航を計画している。

 マンゴーは6月中旬ごろから出荷が始まり、今が収穫、出荷のピークとなっている。出荷は8月上旬まで続く。同社によると、マンゴーは1日約1トンが貨物として出荷されている。これまでに積み残しは1回だけで全体的にスムーズに進んでいるという。この日は作業員らが次々と貨物室にマンゴーを積み込んでいた。

 同社は県の航空物流機能回復事業の7月期の運航事業者に選定されている。5月にもゴーヤーなど出荷野菜を運ぶ臨時便を運航した。

 同社は新型コロナの影響で現在、宮古-那覇間は通常の8割強程度に減便している。8月7日から、1日9往復の通常便数に戻る。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!