10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
社会・全般
2020年7月15日(水)9:00

宮古初 専門学校開校へ/琉球リハ運営法人、22年4月

市と協定締結 観光と医療福祉ミックス

80人規模 旧中央公民館を活用


専門学校設置に向けた協定を交わす儀間理事長(右)と下地市長=14日、市役所平良庁舎

専門学校設置に向けた協定を交わす儀間理事長(右)と下地市長=14日、市役所平良庁舎

 金武町などで専門学校琉球リハビリテーション学院を運営する学校法人智睛学園(儀間智理事長)は2022年4月に島内初の高等教育機関となる2年制の専門学校を開校する。障がいを持つ人に対応できる観光業従事者の育成を目指したカリキュラムで国内でも例がない新しい分野となる。14日、市役所平良庁舎で市と学校設置に向けた取り組みの協定を締結した。

 学生は1学年40人、計80人規模で旧市中央公民館の建物を利用する。協定では学生募集、地域・企業との連携に協力して取り組むとした。また学生定員のうち宮古島市民8割の確保、卒業生の市内での定住および就職についても連携して取り組むとした。

 儀間理事長は「当学院はリハビリ系の人材を育成している。海洋療法を使ったリハビリ、乗馬のセラピーを実践している。宮古島の海、宮古馬は今やっている人材育成をもっと発展的に実践できるという印象を持った。宮古島は観光の島であり、障がいを持った人、外国人にも対応できる能力を高めるような人材育成をしていきたい」と話した。立地については「きれいなビーチが近くにあり、マリンプログラムに適している 宮古島市に定着できるようなスキームをつくりたい」と話した。宮古島で分校を開校する台湾・長栄大学との連携にも意欲を示した。

 下地敏彦市長は「宮古島市は20歳から24歳の人口が他の年齢層より少ない。進学は島外へ出ないとできないので経済的負担が大きくなるという課題を抱えている。その課題解決に向けて、素晴らしい高等教育機関を作り上げることを期待したい」と述べた。

 専門学校の名称や学科名は近く決定するという。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!