06/29
2022
Wed
旧暦:6月1日 赤口 癸 
社会・全般
2020年7月19日(日)8:58

第4埠頭物揚場を整備/平良港

新造多良間フェリーに対応


整備中の第4埠頭前面。後方の大型施設はホテルアトールエメラルド宮古島=18日、平良港

整備中の第4埠頭前面。後方の大型施設はホテルアトールエメラルド宮古島=18日、平良港

 市が発注した平良港第4埠頭(ふとう)の物揚場工事が、来年12月の供用開始に向けて急ピッチで進められている。平良港と多良間を結ぶ大型新造フェリーに対応するための工事で高耐震化、長寿命化で整備する。

 物揚場とは、港湾の埠頭における係留施設の一種。係船岸壁、係船岸とも言われている。

 平良港は宮古島の海の表玄関で、国指定の重要港湾。離島航路では、平良港と多良間港(普天間港、前泊港)を結ぶ定期船フェリーたらまゆう(457㌧)などが利用している。フェリーたらまゆうは導入から10年以上が経過している。

 現在、フェリーたらまゆうは平良港の第3埠頭を利用しているが、第4埠頭の物揚場供用開始に伴い、そこへ移動する。多良間村からの新たな人的・物流交流拠点の一つとして期待されている。

 工事名は「平良港第4埠頭物揚場整備工事」。今回の同工事を含めた2016~20年度までの工期に投じられる総事業費は10億4000万円。国が9割、市は1割を負担。

 第4埠頭前面は現在、フェリーが船尾に備え付けてあるランプウェイ(傾斜路)を岸壁に渡すことができるように整備されている。車両はそのランプウェイを渡って船内に入り、貨物の積み降ろし作業を行う。

 国・市は、今回施工中の工事では、離島圏の生活路線である多良間フェリーの航路を維持する必要があると強調している。

 市港湾課の親泊正人課長は17日、「工期中の無事故・無災害を願い、スムーズな工事進捗(しんちょく)に期待する」と述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!