09/30
2022
Fri
旧暦:9月5日 先勝 丙 
社会・全般
2020年7月21日(火)8:59

宮古空港 旅客数47万人/20年上半期

前年比39万人減少/コロナ影響 4、5月顕著

 宮古空港管理事務所によると、宮古空港の2020年上半期(1~6月)の旅客数は47万869人で前年同期に比べて39万3290人減少した。これまで本土直行便の拡充をはじめ、那覇-宮古便も順調な伸びを見せていたが、新型コロナウイルス感染症の影響で4月と5月は前年比80~90%減少。5月下旬に非常事態宣言が解除され、本土直行便が再開した6月は回復の兆しを見せるものの、前年比で約65%減となっている。

 月別の旅客数は1月が13万2893人で7496人、6・0%増、2月が12万6209人で135人、0・1%減、3月は11万3899人で5万2787人、31・7%減、4月は2万8706人で11万5333人、80・1%減、5月は1万5684人で13万4110人、89・5%減、6月は5万3478人で9万8421人、64・8%減となっている。

 路線別に見ると日本トランスオーシャン航空(JTA)、琉球エアーコミューター(RAC)、全日本空輸(ANA)の3社が就航させている那覇-宮古便が31万7787人。航空会社別に見ると便数が最も多いJTAが21万1684人、ANAは9万6309人、RACは9794人だった。

 JTAとANAが就航させている羽田-宮古便は7万4937人。内訳はJTAが2万6671人、ANAは4万8266人。いずれもANAの関西-宮古直行便は2万5280人、中部-宮古便は1万7038人。県外路線は4月から旅客数が大きく減少をはじめ、5月は直行便が運休するなどでゼロだった。

 一方、非常事態宣言が解除され、直行便が再開した6月の羽田便の旅客数はANAが4489人(6月5日~30日)、JTAが2256人(同19日~30日)となっており、夏場の観光シーズンを迎え県外からの旅客も徐々に回復しつつある。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!