10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
教育・文化
2020年7月31日(金)8:59

発生時は5日間休校/学校閉鎖後、消毒作業

市教委が対策ガイドライン/新型コロナ


学校に対する感染症対策ガイドラインが示された=30日、市役所城辺庁舎

学校に対する感染症対策ガイドラインが示された=30日、市役所城辺庁舎

 市内で新型コロナウイルス感染者が確認され緊張が高まる中、市教育委員会(宮國博教育長)は30日の委員会定例会で市立幼小中学校における対策ガイドラインの発出を決めた。同日中に各学校に通知した。ガイドラインでは児童生徒が感染者と確認された場合、その学校を5日間程度の臨時休校とすることなどが示されている。

 ガイドラインは県や那覇市が出した県立・市立学校における感染症対策マニュアルを参考に宮古島市版を作成した。日常的な健康観察や消毒、換気、身体的距離の確保、マスク着用などの対策のほか、発生時の対応について示している。

 児童生徒が感染者と診断された場合は、5日間程度の臨時休校措置を取る。物の表面に付いたウイルスの生存期間が24~72時間とされているため、3日間、学校を閉鎖した後、1~2日間で消毒作業を行う。その間に濃厚接触者の特定などを行い、濃厚接触者については感染者と最後に接触した日の翌日から起算して2週間、出席停止か、学校の臨時休校措置を取る。

 感染が疑われ、検査を指示された場合、濃厚接触者に特定された場合についても対応をまとめた。感染が疑われる児童生徒が差別や偏見、いじめなどの対象にならないよう十分な配慮を求めた。

 市役所城辺庁舎で行われた定例会で宮國教育長は臨時休校措置について「地域の実情を見つつ、臨機応変に市として判断していく」と述べた。給食調理場で感染が発生した場合について上地昭人教育部長は「発生した調理場は2週間、停止する。1カ所で発生してもすべて停止するということではない。状況を見て判断する」と説明した。

 宮國教育長が緊急時の専決について理解を求めたのに対し、委員らは全会一致で了承した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!