10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
環境・エコ
2020年10月8日(木)8:59

「サシバを守ろう」/児童生徒が保護PR

合同パトロール出発式/伊良部島


児童生徒たちが参加して、行われた保護合同パトロール出発式=7日、市役所伊良部庁舎

児童生徒たちが参加して、行われた保護合同パトロール出発式=7日、市役所伊良部庁舎

 2020年度サシバ保護合同パトロールの出発式(主催・市環境衛生課)が7日、市役所伊良部庁舎前で行われた。市や県、宮古野鳥の会、伊良部島の児童生徒たちが参加。サシバを保護することの重要性を再確認し、「サシバを守ろう」と呼び掛けた。保護パトロールと飛来数調査は8~21日の期間に実施される。

 出発式で市生活環境部の垣花和彦部長は「サシバは生息環境の変化と密猟などによって、絶滅危惧種に指定される厳しい状況にある。サシバがいつまでも宮古島の空を舞えるようパトロールを通じて、保護の取り組みを地域に呼び掛けよう」と語った。

 県自然保護課の比嘉貢課長(代読)は「この取り組みは関係者の協力で48年目を迎える。県としてもこの素晴らしい自然環境を次世代に引き継ぐために、各種施策を推進したい」と述べた。

 決意表明では伊良部島小学校の半場おはなさん(5年)が「サシバが安心して通過できる伊良部島をつくるため、地域全体と協力して環境保全に取り組まなければならない。『サシバは島の宝、サシバを守ろう』の言葉を胸に保護活動に頑張りたい」と述べた。

 宮古野鳥の会の仲地邦博会長は、この日だけで約4000羽の飛来を確認したことを報告し、「近年にない数で素晴らしいことだ」と強調。出発式の間も上空を悠然と舞うサシバの姿が見られた。

 出発式後、宮古島警察署のパトカーと市の広報車などで、サシバ保護や鳥獣保護思想の啓蒙(けいもう)パレードに出発した。

 保護パトロールは伊良部島内、宮古島内の主な飛来地区を対象に宮古島署などと連携して行う。

 飛来数調査は市役所伊良部庁舎の屋上で、野鳥の会や伊良部島の小中高生たちが協力して実施する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!