12/05
2022
Mon
旧暦:11月12日 仏滅 壬 
産業・経済
2011年1月27日(木)9:00

香港に黒糖輸出へ/宮糖多良間工場

商社と商談まとまる


香港からバイヤーが訪れて多良間産黒糖の輸出商談が行われた=26日、宮古製糖多良間工場

香港からバイヤーが訪れて多良間産黒糖の輸出商談が行われた=26日、宮古製糖多良間工場

 【多良間】多良間島産黒糖の輸出商談と工場視察のため26日、香港の商社から3人のバイヤーが宮古製糖多良間工場を訪れた。商談はほぼまとまり、3月ごろから県内で初めて、県産黒糖が輸出される見通しとなった。


 香港から訪れたのは商社「樂天然」のバイヤー、アンディ・マクさんら3人と製糖業者「太古シュガー」のベニー・PH・ウォンさん。県物産公社の与那覇義隆さんが同行した。
 商談には宮古製糖の奥平政彦専務と仲間時次工場長が同席した。

 バイヤーらは、一口黒糖の輸出を要望。「(添加物を含まない安全・安心な)純黒糖として扱いたい」と話したという。輸出の時期については「3月ごろ、受け入れ数量を提示する」とめどを示した。
 多良間産黒糖は県黒砂糖工業会と、県物産公社を通して輸出される。

 多良間工場の年間生産量は約3500㌧で、このうち一口黒糖に回している割合は5%程度。宮糖は今回の輸出を契機に、10%まで増やせるよう設備を拡充したいとしている。

 仲間工場長は「これまでの販路は、国内に限られていた。今回の輸出商談で、新しい展望が開けつつある」と喜びを語った。

 多良間産黒糖の輸出は、香港で昨年開催された沖縄フェアーにおける同黒糖の紹介がきっかけとなった。

 県内の黒糖工場は、輸入黒糖や加工糖の増加から、在庫を抱える状況にある。このため、国内だけでなく外国への販路拡大も求められていた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!