07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
社会・全般
2021年4月14日(水)9:00

犬の殺処分 2年連続ゼロ/宮古20年度

違法犬捕獲数も大幅減
保健所「飼い主の意識が向上」


飼い主の意識向上、ボランティアの活動などで宮古保健所に捕獲、保護された犬の殺処分は2年連続でゼロとなった=9日、宮古保健所

飼い主の意識向上、ボランティアの活動などで宮古保健所に捕獲、保護された犬の殺処分は2年連続でゼロとなった=9日、宮古保健所

 犬の殺処分数が2年連続でゼロとなったことが県宮古保健所管内における2020年度犬の収容状況(速報値)で分かった。違法犬捕獲数も前年度から76匹減少。ピーク時に比べても半数以下となった。同所では「飼い主の意識が少しずつ変わってきて、放し飼いも減ってきている。ボランティアの頑張りも大きい」と話している。

 速報値によると、捕獲数は18年度の296匹が19年度は226匹となり、20年度はさらに減って150匹となった。

 こうした背景について、同保健所は「放し飼いの情報もどんどん入ってくるようになった。近所の目も大きいと思う。見ている人は見ているので、飼い主の意識も変化したことが数字にも表れているかもしれない」と話した。

 さらに「今は殺処分『ゼロ』が継続しているが、それが続かなくなることも十分に考えられる。捨てる命を生まないように放し飼いをしない。避妊、去勢手術を行い繁殖制限をしっかりやってほしい」と呼び掛けた。

 同所管内における犬の捕獲・保護数は年間100~200匹台で推移してきたが、14年度と15年度は300匹台に増加した。

 それに伴い、14年度からは年間の殺処分数も300匹を超え15年度は325匹となり、東京都の1年間の処分数を上回っていた。

 こうした状況を打開しようと、民間ボランティアが立ち上がり、収容された犬を島内外に譲渡する活動が16年度ごろから本格化した。

 同所と連携した取り組みで16年度の終末処分数は、前年度の325匹から大幅に減少し141匹となった。

 さらに、活動が充実してきた17年度の処分数は減り続け、19年度は初のゼロを達成していた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!