12/06
2021
Mon
旧暦:11月3日 先勝 戊 
社会・全般
2021年8月25日(水)8:59

65歳以上、82%が接種/16日間で5235人が終了

若年層低く コロナワクチン2回目


新型コロナウイルスワクチン_年代別接種率

新型コロナウイルスワクチン_年代別接種率

 7月14日からスタートした市による12歳以上64歳以下の一般市民対象の新型コロナウイルスワクチン集団接種の第1クールが8月19日で終了した。期間中で接種が行われた日数は16日間で、この間に5235人が2回目の接種を終えた。20日時点での2回目接種率を年代別に見ると、最も高いのは65歳以上の82・3%。それに対し12~15歳と19~22歳は10%台にとどまっている。

 宮古島市では65歳以上の一般市民を対象とした集団接種は5月29日から実施されたこともあり、年代別接種率は65歳以上が最も高く8割を超えている。

 若年層での接種率の低さは全国的に指摘されているが、宮古島市でも年齢層が高いほど接種率は高く、20歳代以下が低い状況となっている。

 市新型コロナウイルスワクチン接種対策室のまとめによると、20日時点で2回目接種率が最も低いのは12~15歳の15・7%。次いで19~22歳が16・2%。16~18歳は27・1%、23~24歳は29・2%で、24歳以下の年齢層はいずれも3割に達していない。

 65歳以上に次いで2回目接種率が高いのは60~64歳の65・2%。次いで50~59歳の59・0%。40~49歳は47・5%、30~39歳は40・9%、25~29歳は35・4%となっている。

 64歳以下対象の集団接種第1クールで1回目を受けた人数は7506人、2回目を受けた人数は5235人で、延べ接種人数は1万2741人だった。

 同集団接種の第2クールは25日からスタート。期間は9月26日までで、合計16日間の接種を予定。現在、予約の受け付けを行っている。

 ワクチン接種対策室では同集団接種第1クールを振り返り「予定より多くの人にワクチンを打つことができ良かった」との考えを示す。その上で「8月末までに対象者の75%に1回目を接種してもらいたい。若い人の接種は以前に比べると増えているが、もっと増えていってほしい。感染が拡大傾向にあるため抑えていきたいので、なるべく積極的に早い時期での接種をお願いしたい」と接種がまだの対象者に対し協力を呼び掛ける。

 電話による接種の予約、問い合わせは市新型コロナワクチン予約センター(電話79・7829)まで。


カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!