02/03
2023
Fri
旧暦:1月13日 先勝 壬 
スポーツ
2011年2月11日(金)9:00

5月21、22日に開催/ビーチバレー宮古島大会

3月1日から申込受付


大会長の下地市長が大会成功に向けあいさつした=10日、市役所平良庁舎

大会長の下地市長が大会成功に向けあいさつした=10日、市役所平良庁舎

 第12回ビーチバレー宮古島大会2011(主催・同大会実行委員会)の総会が10日、市役所平良庁舎で開かれ、実施要項や予算、会則の一部変更の3議案を全会一致で承認した。今年の大会は5月21、22の両日、下地の与那覇前浜で開催される。


 テーマは「出会い!感動!飛躍! ビーチの勇者たち」。21日に受付、代表者会議、開会式、予選、ビーチフェスティバルを催す。22日が予選、決勝トーナメント、表彰式を行う。賞金総額105万円、全員に参加賞を贈呈する。JVB登録選手にはオフィシャルポイントを与える。


 申込期間は、3月1日~4月30日(当日消印有効)までの2カ月。
 定員は、男女ともに2人制でそれぞれ先着24チーム。男女混成4人制が先着96チーム。
 参加料は、男女別2人制が1チーム5000円(スポーツ障害保険。ビーチフェスティバル費含む)、男女別混成4人制が1チーム1万円(同)。
 参加資格は、高校生以上の心身ともに健康である人。①男女別2人制が日本ビーチバレー連盟のS・Aクラスいずれかに登録している人②男女混成4人制が①の登録に関係なく出場可能―。


 今大会の予算は、歳入歳出ともに734万5000円で前年並み。
 大会長の下地敏彦市長は「ビーチバレー宮古島大会は、宮古の一つの風物詩にしたい。大会を成功させよう」とあいさつした。
 詳しい問い合わせは、宮古島観光協会内の事務局(電話・ファクス0980・75・3824)へ。Eメールは、bvmm@miyako-net.ne.jp


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!