01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
政治・行政 社会・全般
2011年4月24日(日)9:00

県、避難者へ見舞金/26日から市町村社協で受付

1世帯、20万円を支給


避難者に見舞金給付を決定したと発表する又吉公室長(左)と宮里達也福祉保健部長=22日、県庁記者会見室

避難者に見舞金給付を決定したと発表する又吉公室長(左)と宮里達也福祉保健部長=22日、県庁記者会見室

 【那覇支社】県は22日、東日本大震災で被災し県内に避難してきた家族に対し、1世帯あたり20万円(単身者は10万円)の支援見舞金を支給すると発表した。受け付け期間は4月26日~6月30日まで。避難先市町村の社会福祉協議会窓口で申し込みを受け付ける。


 支給対象者は震災、津波被害で住居が全・半壊し、1カ月以上県内で居住、滞在する避難者と、福島原子力発電所事故で避難、屋内退避の指示対象区域に居住する県内への避難者。原則、被災証明書、り災証明書が必要だが、住所地を確認できる運転免許証などでも受け付けに応じる。

 会見した又吉進知事公室長は、県が4月上旬に実施した県内避難者を対象にしたアンケート調査の結果、「当座の生活費に困窮している」との回答が調査対象者の8割以上を占めたため、見舞金給付に踏み切ったという。県は見舞金のほか、生活福祉資金の貸与(限度額10万円以内)を同時に実施する方針。

 22日現在、県が把握している沖縄への避難者数は1032人で、うち震災被害の大きかった3県からは362人が避難している。23世帯51人に対し見舞金給付を決定したが、さらに27世帯83人を追加決定し、約250世帯を給付対象世帯に見込んでいる。見舞金の財源は県予備費を充当する考えだ。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!