06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
イベント スポーツ
2011年4月26日(火)9:00

「乾杯」で再会を約束/トライふれあいパーティー

戦い終え選手交流


健闘をたたえ合って乾杯する選手たち=25日、市総合体育館

健闘をたたえ合って乾杯する選手たち=25日、市総合体育館

 「乾杯」「がんばろう東北」-。第27回全日本トライアスロン宮古島大会を締めくくるふれあいパーティーが25日、宮古島市総合体育館で行われた。前日のレースを戦い終えた選手たちは大会スタッフやボランティアと交流。宮古の伝統芸能クイチャーを踊りながら再会を約束した。参加者は口々に「大会を開催して良かった。東日本に元気を送り続けたい」と話した。

 パーティーは表彰式後に行われ、会場には郷土料理がずらりと並んだ。選手たちはオリオンビールを片手に料理を味わい、レースの疲れを癒やした。

 歌手の星野京子さんや、アイランダーアーティストの下地暁さんは歌で会場の雰囲気を盛り上げた。下地さんがクイチャーを演奏すると、総合優勝の河原勇人ら多くの選手や大会関係者が舞台に上がり、見よう見まねでクイチャーを乱舞。それぞれ第27回大会の思い出を胸に刻んだ。

 新潟県新潟市の忠竜夫さん(43)は「城辺中学校との交流会やレース当日、そしてふれあいパーティーと宮古島大会を満喫することができた。6年連続の出場ですが、これからも続けたい」と満足した様子。東日本大震災支援については「大会を開催して良かったと思う。これからも何らかの形で支援を続けていきたい」と話した。

 宮古島市の井尻恵美子さん(44)は「風邪をこじらせてきつい大会だった。何度もリタイヤを考えたけど何とか完走できた」と話して2度目の完走に笑顔を見せた。震災に関しては、「こうやって盛り上げることも大切なことだと思う。みんなが頑張っている姿は力の源になる」と話すとともに、被災地の早期復興を願った。

 ボランティアとして大会を支え続けた丘村喜美子さんは「食糧部でしたが、トラブルもなくスムーズに仕事をこなせた。途中で選手を応援することもできたので良かった。被災地支援の大会になったと思うので開催できて良かった」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!