07/07
2022
Thu
旧暦:月日   
産業・経済
2011年4月27日(水)9:00

緑肥でキビ増産を/地区農業振興会

ヒマワリを播種


雨合羽姿で種をまく下地市長ら=26日、上野地区のサトウキビ畑

雨合羽姿で種をまく下地市長ら=26日、上野地区のサトウキビ畑

 宮古地区農業振興会(会長・下地敏彦市長)会員組織の職員らが26日、上野地区のサトウキビ畑で緑肥(ヒマワリ)の種をまき、地力向上による増産をアピールした。昨年の県キビ競作会で1位に輝いた生産者代表の川満長英さんは「春植・株出面積を拡大し、生産目標38万㌧の早期達成を」と呼び掛け。同種まきは「さとうきびの日」(4月の第4日曜日)の関連行事として行われた。


 種まきには行政やJA、製糖工場、農業共済組合の職員ら約80人が参加した。

 開始式で、下地市長は「サトウキビ農家の皆さんは、増産へ一生懸命努力している。宮古の経済発展のためにもみんなで力を合わせて、増産に頑張ろう」とあいさつした。

 仲宗根盛和県宮古農林水産振興センター所長は昨年、総理大臣賞を受賞した川満さんのキビ生産実績は、ほかの生産農家の励みになったと評価した。

 下地市長ら参加者が、土砂降りの雨の中、種をまいた。畑は、川満さん所有の約1㌶。種は約50㌔を用意した。

 川満さんが県キビ競作会に出品したキビの反収は21・5㌧。緑肥は、下大豆を使った。ヒマワリの緑肥は、今回が初めて。「土づくりの上で緑肥は堆肥代わりになる。容易に栽培できる便利な作物」と有効性を強調した。

 ヒマワリは地力向上効果もあるが、農村景観の向上を目的に最近、増える傾向にある。

 さとうきびの日は、県糖業振興協会が、1977年に制定した。キビ振興に対する県民意識の高揚や、地域経済への貢献度をPRすることなどが狙い。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!