02/07
2023
Tue
旧暦:1月17日 大安 丙 
産業・経済
2011年6月30日(木)9:00

施設の建て替えへ/宮古食肉センター

今年度事業方針に盛り込む


 宮古島市やJAなどが出資する第三セクター・宮古食肉センター(池間等志社長)の第29期定時株主総会が29日、JAおきなわ宮古地区本部で開かれた。今年度の計画には、築後28年経過して老朽化の著しいセンターの建て替え事業の導入に取り組む方針を盛り込んだ。10年度の単年度決算は58万4000円の黒字を計上。累積赤字は、5142万円となった。総会後、新役員による取締役会を開き、社長に池間氏を再任した。


 あいさつで池間社長は「当社の経営は行政やJAの支援なしではできない厳しい状況だが、食の安全を守るために存続させなければならない。新施設は、12年度の完成を目指したい」と述べた。

 10年度の営業報告書によると、豚は799頭(前期比2・0%減)をと畜。ヤギは418頭(同比24・8%増)となった。牛は364頭と、前期の547頭と比べ183頭(33・5%)の大幅減。高齢母牛の更新が一段落したため減少した。

 豚枝肉の売上は1088万円、と畜収入は1016万円となった。

 新年度の事業方針には▽消費者ニーズに対応した豚枝肉のカット(部分肉)販売による販路拡大▽牛枝肉の委託カット▽諸経費の節減による収支の改善-なども示している。

 新取締役は次の通り。
 池間等志(県農業協同組合経営管理委員)▽下地敏彦(宮古島市長)▽喜納兼次郎(沖縄公庫宮古支店長)▽川上政彦(県農業協同組合)▽上地廣敏(市農林水産部長)


カテゴリー一覧

観光関係

2023年2月2日(木)8:58
8:58

12月観光客数は6万2179人/宮古島市

最多の19年度に次ぐ多さに 市観光商工課は1月31日、2022年12月の宮古島市への入域観光客数について、前年同月比1万3952人増の6万2179人だったと発表した。12月としての最多を記録した19年度の7万6621人には届かなかったものの、それに続く18年度…

2023年1月31日(火)8:58
8:58

きょう、開通から8年/伊良部大橋

宮古の観光産業をけん引   宮古本島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋は、きょう31日で開通から8年を迎える。すっかり島民の生活路線として定着した大橋だが、宮古地区全体で飛躍的な伸びを示す観光産業のけん引役として内外の注目を集める。伊良部島、下地島では官民一…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!