01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
産業・経済
2011年7月26日(火)9:00

前期比14.5%減の27.7万㌧/11年産キビ生産見込み

茎短く本数も減


 宮古地区の2011~12年期サトウキビの現時点の生育状況は、茎が昨年より4割も短いなど悪く、第1回生産見込み量は前期実績の32万4000㌧と比べ4万7000㌧(14・5%)減の27万7000㌧となった。市農林水産部農政課と、多良間村村づくり課が7月1日現在で、まとめた。生育不良は1、2月の低温や日照不足、5月の台風2号などが影響したと分析している。市農政課は、今後の好天や農家の努力による見込み量増加に期待している。


 沖縄製糖宮古工場によると、昨年今ごろの夏植の茎の長さは190㌢もあったたが、今年は114㌢と76㌢(前年同期比40%)短い。10㌃当たりの生育茎数は、昨年の約7000本に対し、今年は約6500本と約500本少ない。植え付け期の少雨による発芽率低下に加え、その後の株の分けつも少なかった。

 市農政課では「作物の生育には、降水量が大きく関係する。雨が少ない時のかん水は大切。雑草の除去や春植、株出への施肥など今後の作業如何も生育に影響する」と話している。

 宮古地区のサトウキビ生産量は、4年連続30万㌧を超え、今後の目標に春植、株出面積の拡大による38万㌧達成を掲げている。

 作型別の収穫面積は株出は438㌶と、前期と比べ110㌶(33・5%)増加した。市によると、株出面積は株の出を阻害している土壌害虫のハリガネムシに効く新農薬やアオドウガネ成虫の誘殺灯の普及に伴い、4年連続増えた。

 夏植は3400㌶(前期比69㌶減)、春植321㌶(同比31㌶減)となった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!