06/26
2022
Sun
旧暦:5月28日 友引 庚 
産業・経済
2011年8月1日(月)9:00

空港草地に薬剤散布/下地島バッタ被害

関係機関が合同で作業


 伊良部の下地島でトノサマバッタが異常発生し、サトウキビに食害を与えている問題で、県と市、宮古製糖伊良部工場は30、31の両日、下地島空港の草地部分約110㌶に駆除用の薬剤を散布した。


 同空港の草地が発生源とみられているため、周辺のキビ畑にバッタが拡散しないよう駆除作業を実施。広大な草地に薬剤をくまなくを散布した。

 同空港周辺のフェンス沿いには無数のバッタが飛び跳ねており、空港には相当数のバッタが生息しているものとみられる。ただ、30日から始まった薬剤散布によってバッタが次々と駆除されているため、被害の拡散防止が期待される。

 空港内の薬剤散布については、散布した薬剤が海に流れ込み、漁場を汚染する可能性もあるとして、伊良部、宮古島、池間の各漁協から薬剤使用を認める承諾書を取り付けて実施した。

 バッタの異常発生は7月20日に確認され、その後は日を追うごとに個体数が急増した。関係機関は大型送風散布機を使用して薬剤散布を実施し、被害の拡散防止に努めている。

 空港周辺のキビ畑の防除費用については市や製糖工場が一部を負担するなどサトウキビ被害の軽減と農家救済措置を講じており、関係機関が一丸となった防除活動が続いている。



カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!