02/03
2023
Fri
旧暦:1月13日 先勝 壬 
産業・経済
2011年8月12日(金)9:00

キビ夏植え始まる

暑い中、収量アップ期待


2節苗を植え付ける男性=11日、平良久貝

2節苗を植え付ける男性=11日、平良久貝

 2011-12年産サトウキビの夏植えが、始まった。土の状態は、台風9号がもたらした雨の湿りが残りほどよい。夏植えは、10月ごろまで行われ、農家は忙しい日々が続く。


 平良久貝に住む60代の男性は11日、植え付け作業を頑張った。品種は、多収量と高い糖度が期待される「農林27号」。農薬は、土壌害虫のハリガネムシに有効とされる「プリンスベイト剤」を使った。男性は、同害虫の駆除による収量アップに期待した。

 県農業研究センター宮古島支所によると、夏植えはその時期や品種によって、発芽率や生育に特性が表れる。

 普及が進んでいる「宮古1号」だと、8月植えは発芽率が高く、茎も長く伸びるが、大きくなって倒れると糖度の低下を招く可能性がある。

 9月植えは、発芽率が高く、分けつが多く収量が取れるという。

 収穫にハーベスターを使用する場合の畝幅は、140㌢を指導している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!