06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
政治・行政 産業・経済
2011年9月13日(火)9:00

創造運動大賞を受賞/宮古土地改良区

水まつり、台湾交流を評価


地方大賞受賞と九州代表としての意気込みを示す仲間理事長(左)と末広総務課長=12日、宮古土地改良区

地方大賞受賞と九州代表としての意気込みを示す仲間理事長(左)と末広総務課長=12日、宮古土地改良区

 宮古土地改良区(仲間克理事長)は8日に宮崎県で開催された21世紀土地改良区創造運動大賞九州・沖縄地方選考委員会でこれまでの取り組みが評価され、地方大賞に輝いた。来月、東京で行われる中央審査会に九州・沖縄地区代表で出場する。県内の土地改良区が九州代表になるのは宮古土地改良区が初めてで、12日に同改良区で受賞の報告を行った仲間理事長は中央審査会での活躍に意気込みを示した。


 同運動は、全国土地改良事業団体連合会(野中広務会長)が全国で模範となるような運動を展開している水土里ネット(土地改良区)を表彰し、全国に紹介するとともに、表彰を通して関係者の運動意欲の高揚と意識改革を進め国民に運動の成果をアピールすることにより運動の新たな展開に資することを目的に実施している。


 仲間理事長は「選考委員会では出場した九州8県の土地改良区代表の中から私たちが九州代表に選ばれてうれしい。水まつりの開催や台湾の高雄農田水利会との交流などが高く評価されたと思う。こうした取り組みも地域の協力のおかげ。中央審査会でも頑張りたい」と意欲を示した。
 中央審査会で発表を行う予定の同改良区の末広美千八総務課長も「中央審査会では私たちの活動と地下水保全の取り組みをしっかりと報告してきたい」と述べた。


 宮古土地改良区の運動説明では、地下水に依存した島の生活を守るためにも「水」を保全することが最も大切な使命と位置づけ、世界一の地下ダムを有する宮古島から世界の人々に「水の尊さ」を発信する活動などが報告された。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!