07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
産業・経済
2011年9月17日(土)9:00

コーラル社再建へ総決起

行政依存から脱皮、自立目指す/砂川会長が改革案を提案


砂川会長が経営改革案を提案した総決起大会=16日、川満構造改善センター

砂川会長が経営改革案を提案した総決起大会=16日、川満構造改善センター

 アロエベラの仕入れ代金にも事欠くなど資金繰りが悪化している第三セクターのコーラル・ベジタブル社の経営危機突破総決起大会(主催・同実行委員会)が16日、下地地区の川満構造改善センターで開かれた。砂川佳一同社会長が、行政依存型から社員出資による自立経営体への脱皮や組織の改革案を提案。社員24人が参加し、会社再建に決意を新たにした。


 砂川会長は先月の取締役会で、会社の整理清算を提案。これを受けた社員らが、自主再建の意向を示し総決起大会となった。

 大会実行委員長の砂川照幸営業部長は「全員で一から出直すため、会長が打ち出している方針により、新会社を設立した気持ちで、現状から脱却しようと考えた」とあいさつした。

 講演した西里喜明・中小企業基盤整備機構沖縄事務所統括プロジェクトマネージャーは「ベジタブル社を、地域活性化の中核的施設に再生し、第三セクターのモデルにしてほしい」と激励した。

 砂川会長は「新会社創業の気概を持って門出する。行政と銀行には頼らない」と決意を述べた。

 組織改革については製造部と農務原料部を「アロエベラ製造加工所」として統合。職員が畑に出向いてアロエベラの肥培管理も行い、農家の信頼回復と原料の安定確保に努める。

 新設の商品開発室は、農商工連携事業を活用し、新商品を開発。開発した商品は大阪の健康食品会社ジーブレスが県外に販売するという。

 分科会は①行政依存、銀行依存から自主・自立・身の丈経営への脱皮②他社受託生産頼りから自社製、付加価値品開発、直販営業への脱皮③全方位経営から、一点集中主義への脱皮-をテーマに行われた。

 会後①アロエをジュースとしてだけでなく、食べる商品の開発②経費節減や在庫管理の徹底-などの意見があった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!