01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
政治・行政
2011年10月13日(木)9:00

藤枝市と友好都市へ/宮古島市

23日に調印式 災害時相互支援の協定も


 宮古島市(下地敏彦市長)と静岡県藤枝市(北村正平市長)が23日、友好都市を提携する。今回の提携は3月11日に起きた東北大震災を受け、宮古島、藤枝両市間で災害時相互支援協定が結ばれる点が特徴的。今後文化、教育、スポーツ、経済などの幅広い分野で交流を進める。


 長濱政治副市長は12日、提携について「今後、両市の物産展などでそれぞれの特産品を紹介するなど、人的、物的、経済的な交流が進み、お互いに発展できるきっかけにしたい」と話し、今後の交流発展に期待を寄せるとともに、災害時相互支援協定について「友好都市としてお互いに支援金や支援物資を送ることができることには大きな価値がある」と述べた。

 宮古島市から下地市長をはじめ、下地明市議会議長、宮古島観光協会の豊見山健児会長、宮古島商工会議所の下地義治会頭一行20人が藤枝市を訪れ同日、友好都市提携の調印式を行う。藤枝市は福島県西会津町、東京都世田谷区に次いで三つ目の友好都市。

 下地市長一行は同日藤枝市で開かれる第1回フードスマイルフェスティバルinふじえだの開会式にも出席する。宮古島市からは同フェスティバルの屋外出店ゾーン(友好都市PRゾーン)にモズク、天ぷら、海ぶどうなどを出店する予定。

 藤枝市との交流は2008年9月に西光エンジニアリング(藤枝市)と宮古島漁協の連携で半生タイプのモズクの商品化に成功したことがきっかけで始まった。

 藤枝市は7月に宮古島市で開かれた第2回マンゴーまつりでブース出展し、お茶やドライフルーツなど同市の特産物をPRした。9月26日には藤枝市企画財政部広域連携室の藤村啓太室長と西光エンジニアリング代理店の沖友の岡村邦康社長が宮古島市を訪れ最終調整を進めた。

 今後は11月19、20日に宮古島市のパイナガマホールで開催される産業まつりに藤枝市がブース出展を予定している。

 藤枝市は人口約14万5000人。面積は約194平方㌔㍍で、特産品はお茶やシイタケなどが有名。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!