07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
イベント
2011年11月3日(木)9:00

んみゃ~ち古里へ/生まり島ミャーク大会 

関西宮古郷友会が来島


生まり島大会参加のために来島した関西宮古郷友会の皆さん=2日、宮古空港

生まり島大会参加のために来島した関西宮古郷友会の皆さん=2日、宮古空港

 全国各地の郷友が集う生(ん)まり島(ずま)ミャーク大会まであと3日。市内各地には横幕やのぼりが設置され、祭りの雰囲気も徐々に高まってきた。2日には参加者第1陣となる関西宮古郷友会の面々が来島。口々に「もう最高の気分です。この古里で素晴らしい思い出を作りたい」と笑顔を見せた。


 郷友の帰省は1日から始まっており、2日には関西郷友会を中心に11人が来島した。午後3時30分ごろ宮古空港に着いた郷友は一様に帰省を喜んだ。

 空港到着ロビーには大会実行委員会事務局のメンバーが参加証の交付カウンターを設置して応対し、「おかえりなさい」と声を掛けて郷友を歓迎した。

 関西郷友会の与那覇信吉会長は「古里はいつ来ても良いもので、ずっとここにいたい気持ちだよ」と表情を緩めた。「生まり島大会では全国の郷友たちと交流を深め、横のつながりを広げたい。こういう機会はなかなかない。思い切り楽しみたい」と話した。

 寺脇昭子さん(60)は7~8年ぶりの帰省になるという。「宮古がどのように発展したのかをゆっくり見たい。大会は良いイベントで本当に最高。素晴らしい思い出を作りたい」と話し帰省の喜びをかみしめた。

 大会は5、6の両日開催される。5日は午前時からマティダ市民劇場でクイチャーパラダイスの公演が開かれる。午後2時からは市内商店街でパレード、午後5時からはJAおきなわ宮古地区本部で歓迎ぷからすパーティーがある。

 2日目の6日は午前時からマティダ市民劇場でスマフツ自慢、午後2時からはカママ嶺公園広場でクイチャーフェスティバルが開催される。最後はトゥズミパーティーで締めくくる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!