01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
教育・文化
2011年11月4日(金)9:00

知識や活用力競う/「科学の甲子園」県予選地区大会

宮高、宮総実チームが出場


実験競技に挑む宮高チーム(左手前グループ)と宮総実チーム=3日、宮古高校化学室

実験競技に挑む宮高チーム(左手前グループ)と宮総実チーム=3日、宮古高校化学室

 第1回科学グランプリ「科学の甲子園」全国大会沖縄県予選宮古地区大会が3日、宮古高校で開かれた。宮古高校と宮古総合実業高校から各1チームが出場。筆記と実験競技で科学に関する知識や活用力などを競い合った。


 1、2年生の生徒6人が1チームとなり▽化学▽物理▽生物▽地学▽数学▽情報-の6分野からなる筆記と、与えられた問題に従って実験を行い、その結果を基に与えられた課題を解く実験で点数を競い合う「科学の甲子園」。県予選には14校18チームが参加した。宮古のほか、本島、石垣会場でも同日地区予選大会が行われた。採点は本島で一括して行われ、1位となった1チームが3月に兵庫県西宮市で開催される全国大会への出場権を得る。

 宮古地区大会に出場した宮高、宮総実の各チームは、メンバー6人で相談しながら筆記、実験競技に挑んだ。

 競技終了後、「難しかった」と感想を語る両チーム。宮高チームの加島未奈子さん(2年)は「毎日、理科の勉強をしているのに全然、解けなかった。ただ勉強するだけでなく、自分の頭で考えることの大切さを感じた」。宮総実チームの小浜翔汰君(2年)は「事前にいろいろ予想して勉強してきたが、実際の問題に向かうとレベルが違うと感じた。思った以上に難しかった」と振り返り、2人とも「今回の経験を後輩に伝え、来年につなげていきたい」との思いを述べた。

 予選結果は、きょう4日にも学校を通じて参加者に伝えられる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!