01/27
2023
Fri
旧暦:1月6日 赤口 乙 
教育・文化
2011年11月29日(火)9:00

宮古の文化と自然を継承/「結宮」初開催

5人の専門家が実演


玉味噌を試食する参加者でにぎわった政次さん(左手前)のブース=27日、ホテルブリーズベイマリーナ

玉味噌を試食する参加者でにぎわった政次さん(左手前)のブース=27日、ホテルブリーズベイマリーナ

 宮古在住の文化人で沖縄・宮古島の文化と自然を継承する初の鑑賞・試食活動「結宮」(南西楽園リゾート主催)が27日、ホテルブリーズベイマリーナで行われた。


 シギラベイスイート・アラマンダ統括料理長の政次由宇さんを中心に書、琴、生け花、茶道の5人の専門家が午前と午後の2回に分けて、それぞれの分野で文化を発信した。

 書、琴、生け花、茶道、料理のブースでは5人の専門家が、参加した人たちからの質問に答えていた。政次料理長のブースでは、できたばかりの玉味噌を味わう姿が多く見られた。

 「結宮」の幕開けは滴仙会(書道)の羽地華畦さんが、生田流箏曲筑紫会(琴)の亀川歌萌さんの奏でる琴のなか、ステージで「結宮」と揮毫。一葉式いけ花の斉藤葉彩さんは宮古島の花材を使い生け花を実演した。

 また、会場を訪れていた参加者に茶道裏千家の平良宗幸さんがたてた薄茶が振る舞われた。

 生田流箏曲筑紫会の亀川さんの「芭蕉布」の演奏に合わせて、参加した人たちが合唱し、和やかな雰囲気で会は進んだ。

 最後は「結宮」の発起人でもある政次料理長が京懐石の説明をし、玉味噌づくりをステージで実演した。

 2年前に横浜から移住した石井美千子さん=城辺=は「伝統文化を宮古の自然を題材や素材にして表現するのに触れた。再発見したという気持ち」と感想を述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!