07/07
2022
Thu
旧暦:月日   
産業・経済
2011年12月2日(金)9:00

活車エビを初出荷/宮古島漁協

前期比5㌧増の25㌧見込む


万歳三唱を行い、初出荷の安全輸送と高値取引に期待した=1日、高野車海老養殖場

万歳三唱を行い、初出荷の安全輸送と高値取引に期待した=1日、高野車海老養殖場

 東京都、愛知県などの水産市場への上場に向け、宮古島漁協(小禄貴英組合長)は1日、高野車海老養殖場で育成する活車エビ130㌔を初出荷した。今期の車エビ生産は前期に比べ5㌧増の25㌧を見込み、約1億円の売上高を予想している。初荷セレモニーで、小禄組合長や県、市の関係者らが、安全輸送と高品質の高値の売買を祈願した。


 1997年度に車エビ養殖事業はスタートし、今年で14年になる。生産が順調

取れ立ての活車エビが初出荷された

取れ立ての活車エビが初出荷された

推移し、2002年度には34㌧の好記録を達成した。その後、車エビの体調不良などで11㌧まで落ち込んだ。砂の入れ替えで育成対策を強化。その結果、07年度以降は安定的に20㌧以上の生産実績を上げた。

 初出荷した車エビは全長約15㌢。5月までの育成期中には、最大全長が20㌢余となる。化粧箱に入れた車エビは木くずで覆われ、12度保冷で仮眠状態のまま出荷された。

 セレモニーで、小禄組合長は「今年も初出荷を迎えることになった。県内では、車エビは高値で推移しており、本土市場でも高値が期待できる。贈答品・お歳暮に最適だ」と述べた。

 宮古農林水産振興センターの仲宗根盛和所長は「市場での高い評価は、これまでの養殖技術向上に対する養殖場職員と関係機関の取り組みの成果である。そのことが安定的な車エビの出荷に結びついている」と評価した。

 長浜政治副市長は「高品質の車エビを生産し、本土市場へたくさん売り込んでほしい。それによって宮古島漁協に活力が出る。大量生産と高値の売買に期待する」と語った。

 この後、車エビ料理の試食が行われた。参加者らは「新鮮で身が締まり、おいしい」と感想を話していた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!