06/29
2022
Wed
旧暦:6月1日 赤口 癸 
産業・経済
2012年1月14日(土)9:00

地下ダム2011年 水使用量は1300万㌧/土地改良区まとめ

前年に比べ4割増/春と夏場の少雨が影響


干ばつ時に威力を発揮しているスプリンクラー(資料写真)

干ばつ時に威力を発揮しているスプリンクラー(資料写真)

 宮古土地改良区のまとめによると、2011年の地下ダムの水使用量は前年と比べ364万㌧(39%)多い1300万㌧となった。過去6年間で、09年の1533万㌧に次いで多い。春と夏場に少雨傾向があり、使用量を押し上げた。


 宮古土地改良区によると、2月21日~4月25日までの64日間と、6月4~23日の20日間、6月28日~7月23日の26日間の3期間において、少雨傾向となった。

 月別の最大使用量は、4月の208万㌧だった。64日間の少雨傾向が影響した。

 月別の使用量は4月の208万㌧(前年同月比4・6倍)、6月190万㌧(同比2・7倍)、8月205万㌧(同比2・0倍)-の3カ月が際立って多かったのが特徴。

 日別の最大は、6月18日に16万4000㌧を記録した。6月上旬から、少雨傾向が続き、キビへのかん水が急増した。

 10㌃当たりの年間使用量は314㌧で、計画水量の290㌧を24㌧上回った。同改良区は干ばつ時のキビへのかん水は週に1回、30㍉を指導しているが、中には2、3回かける人もいるという。

 同区では「限られた水は、適正に利用を」と呼び掛けている。使い過ぎると、根が浮き上がって枯死茎が多く出る弊害が指摘されている。

 ファームポンド別の使用量は多い順に東山508万㌧、仲尾峰283万㌧、野原岳276万㌧、ピンフ岳185万㌧、ミルク峰45万㌧となった。

 現在、地下ダムの水が使われている畑の面積は4013㌶で、計画受益面積8200㌶の49%に達した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!