02/01
2023
Wed
旧暦:1月11日 大安 庚 
政治・行政
2012年2月2日(木)9:00

花いっぱいのまちづくりを/道路・公園の里親

3団体に認定証交付


下地市長(左)から認定証を受け取る平良代表(左から2人目)と福嶺さん=1日、市長室

下地市長(左)から認定証を受け取る平良代表(左から2人目)と福嶺さん=1日、市長室

 市ではこのほど、自宅周辺の道路や公園の緑化などに取り組む市内の3団体を新たに「道路・公園の里親」に認定。その認定証交付式が1日、市役所平良庁舎で開かれ、各団体の代表らに下地敏彦市長が認定証を手渡した。


 市はこれまでに「道路・公園の里親」として37団体を認定している。今回、新たに認定を受けたのはマスターズ花緑会(平良耕次郎代表)、大東重興(仲宗根康彦代表、交付式は欠席)、マイン理容館(福嶺雅春代表)の3団体。いずれも自社や自宅周辺で緑化や清掃活動に取り組んでいる。

 認定証を手渡した下地市長は「きれいで、花のたくさんあるまちづくりを目指して、市では一生懸命に努力をしている。今回は3団体に協力をお願いすることになった。今後、苗の配布なども行うので一緒に花いっぱいのまちづくりをしましょう」と呼び掛けた。

 平良代表は「雑草が多いところではポイ捨ても多くなる。花を植えきれいにしていると近隣の人も喜んでくれる。身近なところを管理していきたい」、福嶺代表の代理で参加した妻の絹子さんは「花が咲くのを見るのは気持ち良いこと。みんなが自宅の周りをきれいにすれば島全体がきれいになると思う」と語った。

 「道路・公園里親」制度は1999年12月、当時の平良市がマティダ通りをモデル地区として9団体を認定。その後、2000年5月から正式スタート。市町村合併後は宮古島市に引き継がれた。今年1月20日には、市から里親へ花の苗2200本が配布された。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!