07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
産業・経済
2012年2月19日(日)9:00

4、5月に主航路部工事/伊良部大橋

1個1500㌧の箱桁架設へ/3月末進ちょく84%見込む


鉄製箱桁を架ける橋脚の工事が行われている=18日、伊良部大橋建設現場

鉄製箱桁を架ける橋脚の工事が行われている=18日、伊良部大橋建設現場

 県が進める伊良部大橋建設工事は今年の4~5月に、長山水路の上を通る所(主航路部)に鉄製の箱桁を架ける工事に入る。箱桁1個の重さは、約1500㌧。架設には、4000㌧のつり上げが可能な巨大クレーン船を使う。2006年に始まった大橋建設は、この工事で最大のヤマ場を迎える。総事業費365億円ベースの今年3月末までの進ちょく率は、84%(約306億円)を見込む。供用開始は14年3月末を予定している。


 クレーン船の大きさは、長さ120㍍、幅44㍍。65㍍の高さまで、つり上げる能力があるという。

 橋脚の工事は、計画している508基中、主航路部の2基だけを残し、48基が完成した。

 主航路部の橋脚間は、180㍍。最も高い所が、33㍍。ここに3個の鉄製箱桁を組み込む。箱桁は現在、本土の3カ所の工場で製作中。箱桁を積んだバージと、クレーン船を現場までえい航し、海上からつり上げて設置する。同工事は、宮古における今年最大の見物となりそうだ。

 主航路部の箱桁架設完了後の9月からは、伊良部側での箱桁架設工事に入る。鉄筋コンクリート製の同箱桁は、主航路部を通して伊良部側まで運ぶ。

 宮古島側の取り付け道路2070㍍の工事も、着々と進められている。完了は橋と同じく、14年3月末を予定している。

 伊良部大橋(一般県道平良下地島線は)は、宮古島と伊良部島を結ぶ6500㍍(本橋部3450㍍、海中道路600㍍、取付橋りょう170㍍、取付道路2190㍍)の離島架橋。伊良部島が離島ゆえに医療や教育、福祉面などで不便を余儀なくされている状況や、過疎化の進行、産業の衰退など同島の諸問題解決を目的に実施している。

 箱桁 道路部分となる橋の上部工。軽くするために、空洞を設け箱の形にしている。伊良部大橋の場合、鉄筋コンクリート製の箱桁は強い強度の鉄線を束ねたPC線で連結している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!