08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
産業・経済
2012年3月17日(土)9:00

宮糖城辺は6万7400㌧/2011-12年産サトウキビ

前期比4万3000㌧の大幅減


今期の原料搬入を終えた宮古製糖城辺工場=16日、城辺砂川

今期の原料搬入を終えた宮古製糖城辺工場=16日、城辺砂川

 宮古製糖城辺工場は16日午前、2011-12年産サトウキビ(原料)の搬入を終えた。今期操業を開始した1月11日からの累計搬入量は6万7478㌧。前期に比べ4万3079㌧の大幅減産となった。平均糖度は13・45度。基準糖度には達しているものの、最後まで伸び悩んだ。同工場の搬入終了で、沖縄製糖宮古工場と合わせた宮古本島内の原料は15万1488㌧。操業中の宮糖伊良部、宮糖多良間を合わせた地区全体の原料は20万㌧前後が予測されており、1971-72年に次ぐ大不作となる。


 宮糖城辺は、16日午前11時30分ごろに搬入を終了した。最終的に見込んでいた搬入見込み量を700㌧ほど上回ったが、71-72年期の5万1174㌧に次ぐ低い搬入量だった。

 品質も例年に比べると厳しい結果になった。基準糖度(13・2~14・4度)帯の原料が44・91%、基準以上の原料は16・37%あったが基準以下が38・72%と全体の約4割を占めている。

 地区別の品質は、城辺が13・43度、上野が13・49度となっている。

 収穫面積における品種構成は農林27号が最も多く全体の32%を占めた。平均糖度は13・50度。次いで農林21号の19・5%で平均糖度は13・40度だった。以下は宮古1号(13・5%)、農林15号(12・3%)。

 交付金を含めた生産農家の1㌧当たり平均手取額は2万1158円だった。

 今期収穫は機械刈りが急増し全体の39・7%を占めた。一方の手刈りは60・2%だった。同工場では「来期以降はさらに機械刈りが増えてくる」としている。

 今期の植え付け体系は夏植えが77%、春植えが11・5%、株出しが12%。来期は春植えや株出しが増加するものとみられている。

 今期は昨年2~3月の低温や日照不足、5月の台風による葉の裂傷、7月の干ばつ傾向など厳しい気象条件が大幅な減産を招いた。

 収穫期には機械刈りが急増したため、雨天時には原料が不足。工場を一時的に停止したり、時限運転に切り替えるなどして操業期間を乗り切った。

 宮糖城辺はきょう17日に操業を終了。同伊良部工場と多良間工場は今月下旬まで操業を続ける。地区全体の生産量は過去4年連続30万㌧台から一転、20万㌧を割り込む可能性もある。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!