08/09
2022
Tue
旧暦:7月12日 赤口 甲 
教育・文化 社会・全般
2012年3月25日(日)9:00

働く、進学するって何?/高校生ら未来考える

社会人、大学生から経験学ぶ


さまざまな職業の会社員から話を聞く参加者たち=24日、平良港ターミナルビル大研修室

さまざまな職業の会社員から話を聞く参加者たち=24日、平良港ターミナルビル大研修室

 宮古島の高校生らを対象とした「自分の未来について考える1DAYプログラムin宮古島」(主催・沖縄人材クラスタ研究会、共催・学生+離島カタリバ)が24日、平良港ターミナルビル大研修室で開かれた。参加者たちは島内外の社会人や大学生から、進学や就職、将来の可能性などについて話を聞いたほか、組み立て玩具を使ったコミュニケーション強化プログラムなどを体験した。


 同プログラムは「働くって、進学するって何だろう?」をテーマに開催。地元高校生のほか、島内外の社会人、沖縄本島の大学生と専門学校生など約40人が参加した。

 6グループに分かれた参加者たちはコミュニケーション強化プログラムとして、組み立て玩具を、完成品を見た人の言葉による説明のみを頼りに組み立てていくゲームにチャレンジ。説明役はメンバーが交代で務めたが、言葉のみで情報を伝達することは難しく、時間内に完成させることのできないグループもあった。

 続いては、「現役社会人との仕事本音トーク」として、専門学校講師や大学職員、リゾートホテル社員や銀行員、販売員などさまざまな年代の社会人がパネリストを務め、学生時代や現在の仕事などについて自身の経験を紹介。パネリストたちは「進学や就職は目標ではなく目標達成のための手段」、「沖縄から外に向かって一歩踏み出す勇気を持つことが必要」、「悩んでも未来は見えない。やるか、やらないかだけ」、「行動してきた結果としての『なんくるないさー』でなければいけない」などそれぞれの持論を語った。

 本島で学ぶ大学生、専門学校生との交流型ワークショップも行われ、高校生らは進学について意見を交わした。

 宮古高校を今年3月に卒業し、来月から関東の大学に進学する源河章乃さんは「話を聞き、何もかも成功させようとするのではなく、まずは一歩を踏み出す勇気が必要なのだと思った」と感想を語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!