01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
教育・文化 社会・全般
2010年8月10日(火)17:24

「互いの国知ることできた」/JICA国際交流 研修員と高校生が交流

ワークショップで交流を深める参加者ら

ワークショップで交流を深める参加者ら

来島中のJICA研修員と地元高校生との国際交流会(主催・JICA沖縄国際センター)が8日、市役所城辺庁舎などで行われた。高校生約30人が参加し、ワークショップで互いの暮らしを紹介したり、理想の島を製作したりして交流を深めた。

 
 研修員はサモアやトンガなど南太平洋8カ国の12人。宮古には水道事業運営や水資源保全管理を学ぶため来島している。
 ワークショップでは、6グループに分かれて活動した。島の生活について付せん紙に記し、それを基に理想の島を製作。互いの島の長所が合わさった「美ぎ島」を描いた。
 

 
 午前は新城海岸でサンゴ礁観察やシーカヤックを体験した。
 與那覇千絵さん(宮高3年)は「英単語やジェスチャーを交えて一生懸命伝えた。互いの国のことを知ることができた。参加して良かった」と話した。

 
 研修員のアリントン・ロバートさんは「とても良い人ばかりで親しみを感じた。楽しく過ごせた。もう少し時間がほしい」と述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!