01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
イベント 産業・経済
2010年8月6日(金)18:08

あま~い黒糖いかが!/空港で消費拡大キャンペーン

多良間産の黒糖を試食する観光客ら

多良間産の黒糖を試食する観光客ら

観光客らに無料配布
 県宮古農林水産振興センターは5日、宮古空港で黒糖の消費拡大キャンペーンを実施した。東京・羽田空港から到着した観光客らに黒糖を無料配布し、ミネラル分を多く含んだ黒糖の良さ、おいしさをアピールした。観光客らは試食用の黒糖をほお張りながら舌鼓を打ち、「甘い」「おいしい」と評価、地元の特産品を味わった。
 

 県は5月10日を「黒糖の日」に制定。今年はこの日を境に県内各地で消費拡大キャンペーンが行われたが、宮古地区では夏場の観光シーズンに合わせて今の時期に実施した。

 
 空港では、同センターや製糖工場の職員らが到着ロビーで黒糖をアピール。訪れる観光客に1袋300㌘の黒糖と料理レシピなどを無料で配布した。

 
 初めて黒糖を食べた観光客らは「とても甘くておいしい」などと評価。子どもたちも黒糖をおいしそうにほおばり笑顔を見せた。
 同センターの砂川正幸センター長は、県産黒糖の消費低迷に触れた上で「消費を拡大することが大切。それが黒糖を造る製糖工場の存続にもつながる。黒糖の良さを知ってもらうためにもキャンペーンを継続したい」などと話し、黒糖の消費拡大に意欲を示した。

 
 宮古製糖の奥平政彦常務は「黒糖は自然食品でミネラル分を多く含んでおり、健康食品としても注目を集めている。本土の皆さんにも黒糖の味を知ってほしい」と話し、黒糖の消費拡大を期待した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!