08/12
2022
Fri
旧暦:7月15日 先負 丁 
社会・全般
2012年6月28日(木)9:00

野菜畑に散水できず/平良添道

スプリンクラー壊される


根元からぽっきりと折られたスプリンクラー。バルブをひねると水が噴き出し散水機能を果たせない状況=25日、平良添道「スムバリ地区」

根元からぽっきりと折られたスプリンクラー。バルブをひねると水が噴き出し散水機能を果たせない状況=25日、平良添道「スムバリ地区」

 畑に設置し農作物などに散水するスプリンクラーが何者かによって壊されているのが見つかった。この畑で葉野菜を栽培している農家は「これでは野菜に散水できない。何の目的で壊したのか、まったく理解できない。いたずらにしては度が過ぎる」と話している。


 壊されたスプリンクラーは、平良添道「スムバリ地区」に設置されている2基のうちの1基。バルブをひねると、パイプの根元から水が噴き出し、散水は不可能な状況だ。

 この畑でオクラやダイコン、ニンジンなどを栽培している下地幸二さん(59)が今月12日に見つけた。
 3日に1回はこのスプリンクラーを使い潅水チューブを通して畑に散水していたが、壊されてからは散水ができず植えた野菜は芽が出なくなった。

 スプリンクラーを管理している宮古土地改良区に連絡し、現場を見てもらったが「修理や部品の取り換えは自己負担になる」と言われたという。

 下地さんは「もう一度すきこんでから種まきしなければいけない。スプリンクラーの修理代もいくら掛かるか分からない」と肩を落としている。

 宮古土地改良区によると「たまに、作業中のハーベスターによって折られる場合がある。よほど大きな力が加わらないと折れないはずだが…」と話している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!