08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
産業・経済
2012年7月6日(金)9:00

「あたらす市場」建て替えへ

売場面積現在の1・6倍に拡大/9月着工、来春オープン予定


建て替えられることになった「あたらす市場」

建て替えられることになった「あたらす市場」

 JAおきなわ(砂川博紀理事長)は、JAファーマーズマーケット「あたらす市場」を2012年度で建て替える。砂川理事長が5日、同市場生産者大会の席で明らかにした。


 新市場の建設場所は、JA宮古地区本部前の駐車場。13年4月のオープンを予定している。

 新市場は、旧農民研修センターを改装した現建物が、多目的ホールの設計で店舗に合わず、狭く老朽化しているため、安全・安心で快適な買い物空間の提供を目的に建設する。会員数や農産物の増加にも対応した。現市場は取り壊して、駐車場にする。

 延床面積は、862平方㍍と広い。売場面積は492平方㍍で、現市場の約1・6倍。総事業は約2億5000万円を見込む。着工は、9月ごろを予定している。

 砂川理事長は、新市場が農畜産物や加工品の販売拠点施設としての機能発揮や、農産物を通した情報交換の場になるよう期待した。

 砂川寛裕・あたらす市場出荷協議会長は、新市場のオープンに向けて、生産者に接客や納品の際のマナー順守について意識改革を促した。

 新市場は、地元農産物に付加価値を付ける加工室が新たなセールスポイントとなる。規格外品のマンゴーを材料にマンゴージュースやアイスクリームなどを提供するという。天ぷらなどの総菜も置く。加工室の周辺には、いすとテーブルを配置し、憩いの場にする。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!