08/17
2022
Wed
旧暦:7月20日 友引 壬 
産業・経済
2012年8月11日(土)9:00

いも生産販売組合が設立/組合長に上地氏

ペーストの原料を安定供給



大勢の組合員が参加した設立総会=10日、上野農村環境改善センター

大勢の組合員が参加した設立総会=10日、上野農村環境改善センター

 市が進めるカンショ(イモ)の6次産業化事業の一環で「宮古島市いも生産販売組合」が10日、発足した。同日、設立総会を上野農村環境改善センターで開き、規約や事業計画、収支計画などを承認した。組合員は147人。組合長には上地雅己宮古島市かんしょ研究会長を選任した。


 同組合は農家からペーストにする紫イモを買い取って、下地にある宮古島市いも加工施設に供給する。

 2012年度(12年8月~13年7月)のイモ販売は120㌧を計画。農家への支払いは1㌔当たり120円、総額1440万円を見込んでいる。

 あいさつで下地市長は、台風2号(昨年5月)の甚大な被害を受け、台風に強い新たな作物を模索しなければならなかったと、イモを選択した理由を明かした。今後に向けて「生産農家がイモを生産して良かったと思える施策を展開していく」と強い支援体制を強調した。

 與那嶺宏明県宮古農林水産振興センター所長は「イモはサトウキビとの輪作によって、一大産地になる可能性がある」と期待した。

 上地組合長は「みんなで頑張って、いい紫イモを作り日本一の産地にしたい」と決意を述べた。

 21年度の生産目標には2520㌧、販売額3億7800万円を掲げる。ブランド化に向けては、1597年に砂川親雲上(うるかぺーちん)が中国からイモを持ち帰ったという「日本最古の伝承地」を全国に発信し、知名度アップを図る。

 総会後、祝賀会が開かれ余興や乾杯などで盛り上がった。

 役員は次の通り。
 組合長=上地雅己(下地)▽副組合長=砂川恵俊(上野)▽平良支部長=根間正光▽城辺支部長=友利清政▽下地支部長=與那覇一幸▽伊良部支部長=佐和田恵正▽上野支部長=砂川恵俊▽会計監査員=川満俊夫、村吉順栄


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!