08/13
2022
Sat
旧暦:7月16日 仏滅 戊 
イベント
2012年10月10日(水)17:22

夜空に響くなりやまあやぐ

第7回なりやまあやぐまつり(主催・同まつり実行委員会)が8日、城辺友利のインギャーで開催された。海上の特設舞台で出演した約50人が、宮古島の伝統民謡「なりやまあやぐ」を歌い上げた。もーやーの部には5団体が出演し、祭りを盛り上げた。その模様を写真で紹介する。

幻想的な雰囲気の中で出演者がなりやまあやぐを披露し、会場の聴衆を魅了した

幻想的な雰囲気の中で出演者がなりやまあやぐを披露し、会場の聴衆を魅了した


ろうそくの灯で会場は幻想的な雰囲気に包まれた1

ろうそくの灯で会場は幻想的な雰囲気に包まれた=8日、城辺友利インギャー


各賞を受賞した皆さん。シャー心左からインギャー賞の下地勇造さん、なりやまあやぐ大賞の砂川敦さん、御神山賞の奥平乙斗君(子どもの部)、金志川賞の久貝雅裕さん、天川賞の宮國久

各賞を受賞した皆さん。左からインギャー賞の下地勇造さん、なりやまあやぐ大賞の砂川敦さん、御神山賞の奥平乙斗君(子どもの部)、金志川賞の久貝雅裕さん、天川賞の宮國久美子さん

情感たっぷりに歌い上げた

情感を込めなりやまあやぐを会場に響かせた

双子で子どもの部に挑戦し、一生懸命歌い上げた

双子で子どもの部に挑戦し、一生懸命歌い上げた ①

双子で子どもの部に挑戦し、一生懸命歌い上げた

双子で子どもの部に挑戦し、一生懸命歌い上げた ②

表彰式後は花火が夜空を華やかに彩った

表彰式後は花火が夜空を華やかに彩った

地元の青年たちが「みるく口説」を披露し、会場から大きな拍手が送られた

地元の青年たちが「みるく口説」を披露し、会場から大きな拍手が送られた

友利子供育成会の子どもたちがゲストの砂川恵理歌さんと「一粒の種」を熱唱した

友利子供育成会の子どもたちがゲストの砂川恵理歌さんと「一粒の種」を熱唱した

海上の特設舞台で情感込め教訓歌を歌い上げた

海上の特設舞台で情感込め教訓歌を歌い上げた

もーやーの部で優勝した「がんずう健功三味線クラブ」

もーやーの部で優勝した「がんずう健功三味線クラブ」

なりやまあやぐ大会は勇壮な友利の獅子舞で幕開けした

なりやまあやぐ大会は勇壮な友利の獅子舞で幕開けした


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!