07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
教育・文化
2012年10月12日(金)9:00

「将来につなげる」/ジョブシャドウイング

31事業所で仕事見学


掛け声に合わせ手を突き上げ気勢を上げる児童たち=11日、市中央公民館大ホール

掛け声に合わせ手を突き上げ気勢を上げる児童たち=11日、市中央公民館大ホール

 狩俣、鏡原、宮原の3小学校4~6年生54人が11日、市内31事業所で仕事を見学するジョブシャドウイングを行った。同日朝には合同出発式を市中央公民館で開き、児童代表が「たくさん学んで将来の自分につなげたい」など決意を述べたほか、最後は全員で掛け声に合わせ気勢を上げ、元気に頑張ることを誓った。


 3校は今年度のジョブシャドウイング実施指定校となっていて、当日に向け各校では言葉遣いやビジネスマナーなどの事前学習を行ってきた。

 出発式に来賓として参加した下地敏彦市長は「働いている先輩たちをしっかりと見て頑張ってほしい」と児童たちを激励。児童代表決意表明で狩俣小6年の比嘉京香さんは「働く大人の魅力や仕事を通した役割などをたくさん学んで、将来の自分につなげていきたい」、鏡原小4年の下地夏子さんは「働くとはどういうことなのか、しっかりと観察してきたい」、宮原小5年の砂川心美さんは「この機会に仕事や自分の夢について考えていきたい」と力強く宣言した。

 出発を前に、宮原小6年の砂川栄吾君、鏡原小4年の花城琉伊君、狩俣小5年の伊良部龍侍君の掛け声に合わせ、全員で手を突き上げて気勢を上げた。

 ジョブシャドウイング アメリカを発祥地とする職業教育の一種。児童生徒が事業所で従業員に影(シャドウ)のように寄り添って仕事内容や職場の様子を観察することで、仕事や職種に関する認識の幅を広げ、働くことについての気づきを促すことに重点を置いた職業教育の手法。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!