08/15
2022
Mon
旧暦:7月18日 赤口 庚 
産業・経済
2012年10月14日(日)9:00

防除へ実証試験開始/キビの害虫イネヨトウ

フェロモンチューブ畑に設置


フェロモンチューブを設置する地域住民ら=12日、城辺比嘉

フェロモンチューブを設置する地域住民ら=12日、城辺比嘉

 サトウキビの茎を食い荒らすイネヨトウ被害などを受け、県農業研究センター宮古島支所は12日、平良福山と城辺比嘉で防除実証試験を開始した。雌のフェロモンを発する特殊なチューブを畑に設置。この物質で雄の成虫を引き付け、交尾をかく乱する方法で防除法の確立を目指す。実証試験対象面積は福山20㌶、比嘉20㌶の計40㌶。


 今回設置したフェロモンチューブは、イネヨトウ用とカンシャシンクイハマキ用の2種類。設置作業には同センターをはじめ市や製糖工場の職員、福山と比嘉の地域住民も参加した。

 作業を前に同センターの新垣則雄支所長は「昨年から今年にかけて沖縄だけでなく鹿児島でもイネヨトウ被害が発生している。今回の防除法は与那国で効果が実証されている。宮古でも防除効果を実証したい」などと述べ、参加者に理解と協力を求めた。

 作業は福山班と比嘉班に分かれて行われた。参加者は対象の畑を取り囲むようにチューブを設置。丁寧な作業で地上40~50㌢の高さにフェロモンチューブを取り付けて回った。

 同センターは今後、対象の畑周辺に設置されているトラップにかかる成虫の個体数などによって防除効果を確認していく。そのデータを基に、より効果的な防除法の確立を目指す。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!