07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
スポーツ
2012年11月13日(火)9:00

マティダ東FC(高学年)が優勝/本社杯サッカー

低学年優勝の下地FCForzaA=11日、市城辺総合運動公園

低学年優勝の下地FCForzaA=11日、市城辺総合運動公園

低学年 下地、中学年 平一V/過去最多45チームが激突


高学年優勝のマティダ東FC6年A

高学年優勝のマティダ東FC6年A

 第20回宮古毎日新聞杯全宮古少年サッカー大会(主催・宮古毎日新聞社、主管・宮古サッカー協会)が10、11の両日、市城辺総合運動公園で過去最多の45チーム、382人が参加して行われた。2日目の11日は低、中、高学年の決勝トーナメントを行い、低学年は下地FCForzaA、中学年は平良第一ジュニア、高学年はマティダ東FC6年Aが優勝した。


中学年優勝の平良第一ジュニア

中学年優勝の平良第一ジュニア

 表彰式で宮古毎日新聞社の平良覚社長は「風は冷たかったが、熱い戦いで素晴らしい試合展開だった。日ごろ監督を中心にしてチームで練習してきた成果だと思う」と優勝チームをたたえ「今回優勝できなかったチームはこの悔しさをバネに頑張ってほしい」と激励した。

 また、12年ぶりに全国大会出場を決めた宮高の善平和選手が会場を訪れ「自分もこの大会に出場した。みんなもこれからたくさん練習して国立(競技場)目指して頑張ってほしい」と話した。出場した児童たちは善平選手の突然のあいさつに大喜びした。

 午後から行われた決勝戦で、低学年は下地FCForzaAと宮古南FCヴォルティスが対戦。安定したプレーで下地FCForzaAが4-2で勝利した。

 中学年は平良第一ジュニアが常にボールをコントロール。安定した攻撃で8-0でマティダ東FC4年を破った。

 高学年は拮抗した試合展開になり、マティダ東FC6年Aが、後半に決めたフリーキックの1点を全員で守りきり、平良第一レッズを下して3年ぶりの優勝を果たした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!