08/13
2022
Sat
旧暦:7月16日 仏滅 戊 
スポーツ
2013年1月25日(金)9:00

横浜FC来島、盛大に歓迎

31日までキャンプ/山口監督「優勝」に意欲


少年サッカーチームの代表選手が(右から)山口監督、シュナイダー潤之介主将、三浦知良選手らに花束を贈呈した=24日、宮古空港

少年サッカーチームの代表選手が(右から)山口監督、シュナイダー潤之介主将、三浦知良選手らに花束を贈呈した=24日、宮古空港

 プロサッカーJ2の横浜FCのメンバーが24日、宮古島キャンプのため来島した。今月31日まで、宮古島市前福多目的運動場でトレーニングを行う。宮古空港では歓迎セレモニーが開かれ、地元のサッカー協会や少年サッカーチーム、一般市民が盛大に歓迎。憧れの三浦知良選手らの活躍を期待するとともに、キャンプの成功とJ1昇格に向けて力強いエールを送った。山口素弘監督は「優勝への足掛かりを、この宮古島で作りたい」と決意を示した。

 横浜FCの宮古島キャンプは2年ぶり3度目。昨季はJ2で4位と躍進し、J1昇格まであと一歩のところまで登り詰めた。

 メンバーは午前10時20分ごろ到着。空港一階ロビーに姿を現すと、歓迎の市民から大きな拍手と歓声が沸き起こった。

 はじめに花園幼稚園の園児が踊りで歓迎。愛らしい踊りで選手たちの手拍子を誘った。この後、地元少年サッカーチームの代表が山口監督、シュナイダー潤之介主将、三浦選手らに歓迎の花束を贈呈した。

 歓迎のあいさつで宮古島市体育協会の本村博昭会長は「宮古のサッカー少年や中高生は、皆さんのプレーを楽しみにしている」などと話し、横浜FCのキャンプは子どもたちにとって良い刺激になると感謝。「暖かい宮古島で存分にトレーニングし、今年こそJ1昇格を勝ち取ってほしい」と活躍に期待を込めた。

 山口監督は「歓迎に感謝したい。この宮古島の素晴らしい環境の中で、チームの目標である優勝の足掛かりを作りたい」と話し、期間中の協力を求めた。

 最後は選手、歓迎の市民が一緒に頑張ろう三唱を行い、一体感を強めた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!